栄光信息技術(青島)有限公司


            —— 専門的な給与計算アウトソーシング

現在位置:ホーム>新闻资讯>行业新闻

ニュース速報 news categorization
お問合せ contact us

栄光信息技術(青島)有限公司

Tel:0532-89092706

E-mail:rg_info@rongguang-it.com

住所:中国・山東 青島市市南区香港中路61号陽光大厦A座7階

〒:266071

URL:www. rongguanginfo.com

個人所得税を源泉徴収しない企業は百万元を処罰された

リリースタイム:2017/4/6 発表人:admin

最近では、深セン市土地税局を通じて大データにより、正常な経営企業未源泉納従業員個人所得税の行為を重点的に照合・審査、実際にある大型チェーン飲食企業未を如実に源泉納個人所得税。税務部門はその企業に対して関連税を追及して処罰した。

聞くところによると、この大型チェーン飲食企業を納税検査で発見して、当該企業の従業員は500人を超え、2014年度、2015年度に毎年申告営業収入に億元、企業所得税を納付し超千万元で、また、費用科目としてサラリーマンの支出は2年連続で2000万元を上回って。税務人員は企業の帳簿を検査する際に発見したときに、この企業の社会保険の支払いと内部人事システムは正常な賃金の支払いがあることを発見して、しかし、代理店の個人所得税の申告を行ったことがありません。

調べを分析した後に、税務機関の初歩の認定企業の存在の2種類の個人所得税の源泉徴収の税務違法行為は未履行個人所得税の申告義務全員の明細、当該企業の取得勤める雇われ従業員給与所得が、企業は始終未進銀行の個人所得税の源泉徴収申告;2は未ありのままに申告納付する個人所得税の購入を通じ、当該企業の協力会社プリペイドカードとして、社員に配布した方式で発給福祉が、当該プリペイドカード発行しない)を実物利個人所得、全額源泉徴収の人の所得税は、累積掛け未ボタン「給与所得」個人所得税は182万元。

最終的には、企業自身の非行事実を確認し、税務機関は、法律に基づいて処罰を促す企業は、直さ申告行為、要求から毎月当月から全員の明細を申請し、その未申告規定を提出する資料の違法行為によって徴収管理法最高処罰基準でいち万元の罰金;2は企業に対してボタンを掛けるべき未個人所得税の行為を追い払い、命じ掛けする税金を未収未収の50%税の罰金、当該企業の合計追い払い税金182万元、そして課徴金納91万元。


それでは一体何が全員が全額明細書を申告するのですか、実物の福祉は税金を払わなければなりませんか?

国家税務総局に発表した「個人所得税の全員の源泉徴収申告管理暫定弁法』(国税発2005205号)の規定により、個人所得税の全員の源泉徴収申告とは、源泉徴収義務者個人の課税所得に支払う時にかかわらず、その属するかどうかこの単人の人員は、支払いの課税所得課税標準を達成するかどうか、源泉徴収義務者は代扣税金の回月以内に主管税務機関にその者が支払うの課税所得個人(以下、個人)の基本情報、支払額と所得プロジェクト、税金源泉徴収額やその他の関連税務に関する情報。だから、源泉徴収申告個人所得税の一つとして納税申告義務があるかどうか、と税金は関係があるのでさえすれば、雇用単位の支払いの課税所得にかかわらず、費用控除基準を超える場合は、いずれも支給所得翌月に税務機関を全員の源泉徴収申告。

第二に、実物大利益納税問題、「個人所得税法実施条例」の第10条については、「個人所得の形式は、現金、実物、有価証券、その他の形式の経済利益を含む」と規定している。」そのため、個人所得は現金形式に限らず、実物、有価証券などの他の形も含まれている。同飲食企業は協力会社に購入サービス、科目管理费の方式を購入プリペイドカード、かつ、協力会社企業者に配布、人々は、企業自身の配布も未企業給与支出の科目。しかし、実質的には従業員が雇用して雇用しているため、企業から非現金形式の経済利益を取得し、個人所得の構成部分に属し、従業員の月の給料の給与計算によって個人所得税を納めなければならない。

栄光信息技術(青島)有限公司    Tel:0532-89092706  Fax:0532-89092707 
E-mail:rg_info@rongguang-it.com  住所:中国・山東 青島市市南区香港中路61号陽光大厦A座7階   鲁ICP备852341345号
Copyright © 2016 Rongguanginfo.All Rights Reserved
 

回到顶部